三重県熊野市 エムシー建設・幸輝ハウス 幸輝ハウスのこだわり

長期優良住宅認定制度について。

フロー消費型社会からストック型社会へ家は、暮らし辛くなったからといって建替えるのではなく、暮らしやすいように家を変化させて大切に住み継いでいくもの。「つくっては壊す」ではなく、「大切に永く使う」。日本の家づくりにもこの考え方が浸透してきました。

永く暮らせる家は、中古住宅の流通を通じて、社会に貢献ができ、地球環境にも家計にもやさしく住宅であるといえます。

そんな「いい家をつくって、きちんと手入れをして、その手入れも記録していくことで、子どもや孫の世代まで受継ぐことができる」と証明された家が長期優良住宅です。幸輝ハウスにおいても 、「長期優良住宅」を推進するとともに、今まで以上の顧客満足度を理念に取り組んでいく所存でございます。

あなたの家も長期優良住宅に

長期優良住宅の認定要件としては、下記の内容が規定されています。一定以上の住宅性能を確保し、維持保全に関する計画を作成することで、長期優良住宅として認定を受けることができます。
参考サイト: 国土交通省「長期優良住宅法関連情報」

長期優良住宅の認定要件

スイス漆喰(天然塗り壁材)

長期優良住宅の認定を受けると永く快適に暮らせるだけでなく、税金の軽減や住宅ローンの金利引下げ、地震保険料の割引といった国の支援を受けることができます。

また、国土交通省が長期優良住宅を普及促進する取り組みや事業を採択し、一定の条件を満たす長期優良住宅について建築工事費の一部を助成する制度があります。幸輝ハウスも「中京優良住宅ねっと」「木の郷みえの会」などに加盟し、地域型住宅ブランド化事業にも積極的に参画しています。
地域型住宅ブランド化事業 http://www.chiiki-brd.jp/

注)掲載されている情報は発信時点の情報であり、実施される各種税制の控除・補助金・優遇制度等は事業や年度によって異なります。詳細につきましては幸輝ハウスまでお気軽にご連絡下さい。

オガファーザー

家族のライフスタイルは日々変わっていきます。その変化は、時に予想がつきません。
例えば、急に転勤が決まった。老後は都心部に移住をしたい。これまではせっかく建てた家を売るか空き屋にせざるを得ませんでした。しかし、長期優良住宅なら「賃貸にする」という新しい選択肢を想定することができます。

  移住・住みかえ支援適合住宅とは

移住・住みかえ支援機構(JTI)一般社団法人「移住・住みかえ支援機構(JTI)」は、特定の耐久・耐震性基準を満たし、長期にわたるメンテナンス体制を備えた新築住宅を「移住・住みかえ支援適合住宅」として認定します。その制度を「 移住・住みかえ支援適合住宅制度」といいます。

認定を受ければ、制度はいつからでも活用でき、終身に渡って利用できるので家という不動産と同時に、いわば年金のような「将来の安心」を手にできます。制度の利用にあたっては、まずその仕組みを十分理解することが大切ですので、お気軽にご相談ください。

※新築時、適合住宅であることを示す証明書の発行については申請が必要です。また、証明書の発行には別途費用がかかります。詳細につきましては幸輝ハウスまでお気軽にご連絡下さい。

  移住・住みかえ支援機構(JTI)のしくみ

移住・住みかえ支援機構(JTI)のしくみ

幸輝ハウスのこだわり スタッコハウス
イベント・見学会情報

ご興味のある方は幸輝ハウスまでお問合せいただければ、お部屋のコーディネイトからお手伝いいたします♪